看護師と医師の違い

看護師の業務内容と医師の業務内容の違いについてご説明します。医師の仕事は、医学の専門知識や技術を使って病気や傷の予防をしたり診察を行うことが医師の主な仕事になります。
また、診察で病気を発見したり診察を行って、薬の投与や手術も医師の仕事になります。医師は、医療の現場に最前線に立っていると言われています。
医師とほぼ同じくらいお世話になっているのが看護師になります。看護師は、医師が行う医療行為の補助を行います。
1人で、生活できない方や病気で、入院している方たちを対象に援助していきます。医師が医療行為に集中できるのも看護師がいなければ成り立たないと思います。
また、看護師は老人ホームやデイサービスにおいで働いている方もいます。その方たちは、主に高齢者の方たちのお世話を行っています。
あとは、リハビリのお手伝いを行ったりします。看護師も注射や救急患者への医療行為を行うことができます。
また、医師不足と同じく看護師にも人材が不足しています。本来医師が行う医療行為も人手不足によって、看護師が行うことがあります。そのため、看護師に求められる看護に関する知識や医療技術が必要になります。そのため、看護師の負担が増えることになります。
看護師は、通常業務の他に勉強会や研修会も行われます。そのため、そのような準備や研修や勉強会を行う時間も必要になります。その時間も確保しなければなりません。看護師と医師の仕事には、このような違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です