看護師と介護職

看護師の求人は、大学付属病院から私立総合病院、介護施設、個人医院と多種に渡っており、雇用形態も正規職員、パートが選択できます。業務内容も、外来から病棟、検査、リハビリなどさまざまです。また、長期の看護経験を必要とするところから経験はあまり重視しないところもあります。
最近は高齢化社会を反映して、介護サービス機関での募集も増加傾向にあります。デイサービスを利用する高齢者の体調チェックには、看護師資格が欠かせません。デイサービスでは、来所する高齢者の血圧や体重測定のほか、入浴の附き添い業務も必要です。また、訪問介護では看護師資格を持った人が歓迎されます。
現在は病院での看護師不足が慢性化している状態ですが、これからは介護施設での人手不足に拍車がかかるでしょう。そのような時に、看護師資格は大きな売り込み材料になります。現在病院で外来や病棟の勤務をしている看護師も、転職先の候補として介護方面を視野にいれてみてはどうでしょうか。介護職はこれからますます需要が期待できます。給与もアップするでしょうし、社会的な役割や責任も増大するものと思われます。病気の治療に携わることは大変やりがいのあることですが、高齢者のケアは特に孤独感を抱きやすい老人たちの心の拠りどころとなる存在として必要不可欠なものになると思います。日本も高齢者社会のさまざまな問題を避けて通ることはできません。求職を目指す現役の看護師の方々にも認識して頂きたい事柄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です