人材活用の専門家傾向

地方の看護師の求人は、総合病院・クリニック・個人医院・デイサービスセンターなどが多くなっています。給与は高いとは言えませんが、雇用形態は正規職員が多く、希望に合わせてパートや契約社員での採用も増加傾向にあります。
看護師が人材不足で景気に左右されない職種とはいえ、転職活動の方法は一般企業と変わらない面が多いようです。年齢制限に厳しいところも多く、35歳以上は不利という事例もあります。現役が有利という点も、一般企業の受験と同じです。人材バンクでは、転職者の収入や福利厚生、職場の環境に関する希望を聞いて、レヴェルに会った病院を幾つかピックアップして紹介しています。医療機関から依頼を受け人材を発掘し、双方の希望が一致すれば面接を設定します。面接が進んで内定となり、看護師として勤務するようになってからもそのままにせず、転職者が希望条件通り生き生き働いているかをチェックします。希望条件と異なっていたり職場になじめないようなケースでは、新たな転職先を紹介してくれます。一方、病院からは常に優秀な人材を獲得することを全面的に委託」されています。このような人材のマッチング業務は、これからも成長産業として増加傾向になっていくでしょう。人事、採用の面においても専門化志向が進んでいると言って良いでしょう。

近年需要が拡大していきているデイサービス。デイサービスについては「介護の現場から」に分かりやすく記載されています。
興味のある看護師さんは一読されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です